弊社では、2008年8月より、きくらげの栽培を開始致しました。
そもそもきくらげは、発生温度帯が高いことから、南方系のきのことされており、                         寒冷地である北海道には不向きとされてきましたが、冬期間は暖房等を利用することにより、新鮮なきくらげをお届けすることが可能となりました。
現在、国内で流通しているきくらげは、その大半が中国産の乾燥きくらげを水で戻したものですが、「生」ならではの新鮮さと独特のプリプリ感は特徴的です。